基本を理解してから方法を選択する

計画的に貯金すれば良い

いきなり起業しようと考える人は少ないと思います。
まずはどこかの会社に勤めて、経営のノウハウを学んだリ資金を蓄えるのが普通です。
数年間でも一生懸命働いていれば、自己資金を集めることができます。
将来的には現在の会社を辞めて、自分で会社を経営したいと考えているなら、計画的に貯金をしてください。
すると必要な自己資金が貯まるでしょう。

起業する時には、どのくらいの自己資金があれば良いのか考えておきましょう。
金融機関などからお金を借りようと思っても、経営資金の3分の1ぐらいは自己資金がないと、融資を受けられないことがあります。
自己資金をきちんと用意しておくと、万が一のトラブルが起こった時にもすぐ対応できます。

退職金を頭の中に入れておこう

働いて得る給料だけでは、目標の自己資金を貯めるまでに時間がかかると思います。
それでは、起業するのがずっと先になります。
しかしほとんどの会社では辞める時に、退職金を受け取れます。
退職金を含めることで、短期間で自己資金を集めることができるかもしれません。
自分が働いている会社では、どのくらいの退職金をもらえるのかチェックしましょう。

退職金を含めると、数年働くだけで目標の自己資金が貯まるケースも多いです。
自己資金が貯まったら、さっそく企業のための準備をしましょう。
早くから起業することで、万が一失敗してもやり直すことができます。
やり直せると油断するのはいけないことですが、心に余裕を持って会社を経営しましょう。


この記事をシェアする